忍者ブログ

「小説家になろう」レビューブログ

「小説家になろう」作品のレビューをするブログ。おすすめ作品まとめ。五段階で評価しています。「小説家になろう」総合ランキングで四半期ランキングベスト5に入った作品を主に扱っています。それ以外は自分の趣味に合いそうなものを適当に。レビューした小説一覧は「カテゴリ」一番上にあります。リンクフリーです。

二重スパイの最強賢者~勇者パーティを追放された陰の実力者~

(~15、最新話)

現在月間ランキング八位、あの月島さんの新作。

https://ncode.syosetu.com/n1393ew/

異世界転移~命が『たった一つ』しかない異世界で、最強の『最弱職:コレクター』が行く神器探しの旅~」で盗作疑惑騒動を起こした月島さんだが、ほとぼりが冷めたと思ったのか、今年三月以降次々と新作を発表している。あんな騒動があった作品が書籍化されたのも驚きだが、作者のこの精神力もさすがと言うしかない。

この作品は、題名から分かる通りいわゆる「勇者パーティから追放」もの。ただ、導入は勇者パーティから追放ものそのままだが、実は主人公は勇者側と魔王側の両方と関係があり、両者のバランスを保つ調停者のような役割を果たしていた……という設定はやや珍しいか。

以前、「天界に裏切られた最強勇者は、魔王と○○した。」について書いたとき、月島さんはドタバタ展開が好きなパロディ作家と評した。「二重スパイ」はそんな作者の性質に合った上手い設定だと思う。
つまり、話をある程度進めたら、別の側からの依頼がきたということにして全く違う展開へ持っていくことができるのだ。この作品ではこれを利用して、話が一段落したら全く別の話へ、ということを繰り返している。

いい加減な設定で、さらにそのいい加減な設定を投げ出すようなお馬鹿なドタバタ劇が続く……という作風はいつも通りだが、今作ではパロディ要素はやや薄まっている印象がある。
というのも、ある特定作品のパロディというより、「なろう」かどこかのアニメで見たそのままの展開が続くのだ。序盤、二重スパイに関わる部分はともかく(そこにも元ネタがあるのかもしれないが、私には分からなかった)、それ以外はどこかで見たシーンの連続。パロディというよりも、切り貼り作品という印象である。月島さんにオリジナリティを期待してはいけないとは思っていたが、こういう方向に進歩するとは思わなかった。
特に、第一章終盤で唐突に学園編が始まったのには驚いた。そして、「失格紋の最強賢者」に酷似した勘違いものが始まる。題名に「最強賢者」という単語が入っていたので予測できて良かったかもしれないが、私には予想できなかった。

というわけで、パロディですらない切り貼り・継ぎ接ぎ作品で、「なろう」をある程度読みなれているような人にはどこかで見たような展開しかないし、物語として面白いと思える箇所もない。
ただ、読み物として見た場合、いい加減な設定でいい加減に書いていることが分かるため、気楽に読めるという利点はある。

オリジナルな物語を求めて読むと唖然とするだろうが、スピード感がある文章を気楽に読めるので、リーダビリティという点では及第点はあると思う。私は、あの月島さんが一体どんなものを書いているのだろう……という興味から読み始めたので、その期待には十分に応えた作品でした。
PR

コメント

管理人:てぃるる

「小説家になろう」にハマり、日々読み続けています。超大作が読みたい。多少粗い部分があっても大胆で壮大な展開がある話が好き。「小説家になろう」以外の小説ではSFやミステリーを読むことが多いです。その他、雑多なことはここに書いています。

カテゴリ

最新コメント

[11/27 NAO]
[11/21 てぃるる]
[11/20 NAO]
[09/23 てぃるる]
[09/23 片桐葵]

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31