忍者ブログ

「小説家になろう」レビューブログ

「小説家になろう」作品のレビューをするブログ。おすすめ作品まとめ。五段階で評価しています。「小説家になろう」総合ランキングで四半期ランキングベスト5に入った作品を主に扱っています。それ以外は自分の趣味に合いそうなものを適当に。レビューした小説一覧は「カテゴリ」一番上にあります。リンクフリーです。

限界超えの天賦《スキル》は、転生者にしか扱えない ー オーバーリミット・スキルホルダー

(~109、最新話)

現在四半期ランキング二位の作品。著者の三上康明さんは「なろう」出身の作家ではなく、第5回スーパーダッシュ小説新人賞でデビューした方なんですね。
第二章が終わり、第三章の連載が始まったところです。

https://ncode.syosetu.com/n5378gc/

天賦珠玉が発掘されるオーブ鉱山で、洗脳・奴隷状態で働かされていた主人公だったが、主が死んで奴隷の契約が切れたため脱走する。その途中で、普通の人間には使うことのできない規格外のオーブを使えたことで、自分が転生者だったことを思い出す。

絶望的な状況から逃げ出す途中でチート能力を手に入れる、というのは「ありふれた職業で世界最強」なんかと似ていますね。序盤、絶望的な状況から逃げ出す感じは「黒の魔王」とも近い。

なので、オーソドックス「なろう」小説と思って読んでいたので、作者が後書きで「全然今の「なろう」の流行とは違うけれど」(第2章24話、69/109の後書き)と書いていることに驚きました。確かに、言われてみれば最近の「なろう」ではこういうタイプの筋書きは少ないですかね? 五年か、もう少し前にはたくさんあった気がしますが……。

ただ、上に挙げた「ありふれた職業で世界最強」や「黒の魔王」と比べると作者の技量の高さを感じました。特に、奴隷生活から逃げ出すプロローグ部分は読みごたえがあります。非常に緊張感があり面白い。

その後は、チート能力を得て冒険者になるというよくある展開。そうなると面白みは大分落ちる……というのはこのタイプの小説共通ですね。主人公がチートを持っている、ということ以外の設定(転生要素や、ちょっと凝ったスキルの仕組み)があまり生きなくなるというのも同じ。

とはいえ、この小説では色々と工夫はしてあります。「プロローグ」「第一章」「第二章」でかなり雰囲気を変え、飽きさせないようにしている。第二章の核となる部分をミステリー仕立てにしているのも面白い試みだと思います。
前の章の登場人物を良いところで再登場させ活躍させる、といったあたりも上手い。

というわけで、昔「なろう」で流行ったストーリーをプロの手で書いたような作品、という印象でした。ただ、小説としての出来は上がっていると思いますが、本当に面白くなっているのか? と言われると、どうなんだろう、と考えてしまします……。
PR

コメント

管理人:てぃるる

「小説家になろう」にハマり、日々読み続けています。超大作が読みたい。多少粗い部分があっても大胆で壮大な展開がある話が好き。「小説家になろう」以外の小説ではSFやミステリーを読むことが多いです。その他、雑多なことはここに書いています。

カテゴリ

最新コメント

[06/30 てぃるる]
[06/30 NONAME]
[03/14 てぃるる]
[03/14 ナナシ]
[03/07 てぃるる]

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31