忍者ブログ

「小説家になろう」レビューブログ

「小説家になろう」作品のレビューをするブログ。おすすめ作品まとめ。五段階で評価しています。「小説家になろう」総合ランキングで四半期ランキングベスト5に入った作品を主に扱っています。それ以外は自分の趣味に合いそうなものを適当に。レビューした小説一覧は「カテゴリ」一番上にあります。リンクフリーです。

賢者の孫

(~21)

2015年、年間ランキング二位の作品。

http://ncode.syosetu.com/n5881cl/

2015年、なろう総合の年間ランキングBEST5は以下ようになりそうですね。
1位  蜘蛛ですが、なにか?   作者:馬場翁   ジャンル:ファンタジー 
2位  賢者の孫   作者:吉岡剛   ジャンル:ファンタジー 
3位  公爵令嬢の嗜み   作者:澪亜   ジャンル:ファンタジー 
4位  傭兵団の料理番   作者:語利人   ジャンル:ファンタジー 
5位  人狼への転生、魔王の副官   作者:漂月   ジャンル:ファンタジー 

一位『蜘蛛ですが、なにか?』は、以前このブログでも書いた通りなかなかの良作。深みには欠けるものの、読みやすく、読んでいて爽快な作品でした。今後の展開にも期待して読んでいます。

では、二位の『賢者の孫』という作品は……というと、ちょっと首を傾げざるを得ない。ほぼテンプレ通りの異世界転生チート学園物で、20話までの大部分は、ただ主人公のチート能力と周囲の恵まれた状況を説明的に描いているだけ。ここまで十万文字以上、ほとんど事件らしい事件が起きず、状況説明に終始してしまっている。スローペースなのは良いですが、物語の広がりもあまりないまま書き続けているのはイマイチ。
主人公の性格に癖がなく、共感しやすいのが良いところなのかなぁ、と思うけれど、たとえば『蜘蛛ですが、なにか?』の語り口に比べると面白みに欠け、読み進める動機にはなりにくい気がする。これから面白くなるのかもしれないけれど、ここまでの部分は残念。
PR

コメント

管理人:てぃるる

「小説家になろう」にハマり、日々読み続けています。超大作が読みたい。多少粗い部分があっても大胆で壮大な展開がある話が好き。「小説家になろう」以外の小説ではSFやミステリーを読むことが多いです。その他、雑多なことはここに書いています。

カテゴリ

最新コメント

[07/01 てぃるる]
[06/29 NONAME]
[06/29 NONAME]
[06/11 てぃるる]
[06/09 NONAME]

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31