忍者ブログ

「小説家になろう」レビューブログ

「小説家になろう」作品のレビューをするブログ。おすすめ作品まとめ。五段階で評価しています。「小説家になろう」総合ランキングで四半期ランキングベスト5に入った作品を主に扱っています。それ以外は自分の趣味に合いそうなものを適当に。レビューした小説一覧は「カテゴリ」一番上にあります。リンクフリーです。

難関ダンジョン最深部で勇者パーティから追放された三流冒険者ですが、【修復】スキルが万能チート化して脱出できたので、足を洗って武器屋でも開こうかと思います

(~70、最新話。継続して読む予定)

現在四半期ランキング四位の作品。

https://ncode.syosetu.com/n3353fc/

「勇者パーティから追放」もの。
迷宮の中で勇者パーティーから追放された主人公は、迷宮をさまよううちに「修復」スキルが進化し、無事に脱出を果たす。新たに得たスキルを生かしすべく、冒険者を引退して武器屋になるが、そこに魔王の危機が迫る。前線基地の建設に主人公のスキルが有用だと分かり、また戦いの舞台へ戻っていく。

バランスの良い作品。
多くの「勇者パーティから追放」もの作品のように、不自然なほど主人公が復讐に燃えたり、戦闘から距離を置いてスローライフを目指したりすることなく、自分のできることを考えて、現実的に武器屋になるという選択をする。実は主人公こそが勇者パーティーで最も活躍していたなどということもなく(追放する際の勇者に問題があったのは確かだが)、スキルが進化した後も戦闘力は低いまま。ファンタジー世界を舞台にしてはいるが、現実的に、地に足がついて物語が進んでいくのが良い。

またこの作品では、魔物がきちんと意志を持っているため、人間対魔物の戦いは戦争のようになっている。戦闘シーンも悪くないが、戦争シーンもしっかり書けており素晴らしい。
その他、色々な事件が並行して起き、伏線が張られているが、読者を混乱させない分かりやすい描き方ができている。

と、まあ、安定感が高く、安心して読める作品だと思う。だが、これ、という突出した点もない印象。欠点は少ないのだけど、面白いかというとそれほどでもないかなぁ、と感じてしまう。
うーん、キャラクターに魅力が足りないのかなぁ。一人一人性格付けができているし、悪くないと思うのだけど……。良い人ばかりで刺激が少ないのか。
PR

コメント

管理人:てぃるる

「小説家になろう」にハマり、日々読み続けています。超大作が読みたい。多少粗い部分があっても大胆で壮大な展開がある話が好き。「小説家になろう」以外の小説ではSFやミステリーを読むことが多いです。その他、雑多なことはここに書いています。

カテゴリ

最新コメント

[01/11 てぃるる]
[01/10 NONAME]
[01/02 てぃるる]
[01/02 NONAME]
[11/27 NAO]

カレンダー

12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31