忍者ブログ

「小説家になろう」レビューブログ

「小説家になろう」作品のレビューをするブログ。おすすめ作品まとめ。五段階で評価しています。「小説家になろう」総合ランキングで四半期ランキングベスト5に入った作品を主に扱っています。それ以外は自分の趣味に合いそうなものを適当に。レビューした小説一覧は「カテゴリ」一番上にあります。リンクフリーです。

流星のアステル ~努力と物理で世界最強~

(~90、最新話。継続して読む予定)

現在月間ランキング一位の作品

http://ncode.syosetu.com/n1973dd/

王道のファンタジー作品。
なんというか、「無職転生」に近いものを感じた。
「流星のアステル」は転生作品では(今のところ)ないものの、主人公が赤ん坊のときから意識があるなど転生作品のような描写が散見される。また、主人公が冷静な努力家というのも「無職転生」の「無職」要素に対応している。「無職転生」の「無職」要素は基本的に「転生前無職だったから転生後は努力しよう」という使われ方をしているからだ。

「なろう」作者の中には、転生ものじゃないとヒットしないから読者に迎合するため転生ものにしよう、と思って書き始めた人も多いと思うけど、実はそういうのってあんまり関係なかったんだなぁ、と思わせる作品。王道的展開をしっかり書いていれば転生かどうかは関係なくヒットするんですね。

さて、この作品。どこかで、というか「なろう」で見たようなシーンが多いというのも特徴かもしれない。単語や人名も(敢えて?)ちょっとベタ過ぎるものが使用されている。特に、第二章まではちょっと展開がベタ過ぎるんじゃないかなぁ、と思えてしまった。
第三章になると若干空気が変わる。緊張感が増し、残酷なシーンもあり話が盛り上がる。
しかし、第三章~第五章は面白かったのだが、第六章になるとまた緊張感が薄くなっている。最近はギャグ展開? だったのかな。

全体的にオリジナリティ不足という印象は否めないけど、王道展開で「なろう」作品群を意識して書いているのかなぁ、という感じで、読んでいて悪い気はしない。ただ、シリアスパートとそうじゃないパートでの差が大きい気がし、これからちゃんと作品が纏まっていくのかには若干不安が残る。

それこそ「無職転生」のように物語が大きく広がっていけばいいなぁ。
PR

コメント

管理人:てぃるる

「小説家になろう」にハマり、日々読み続けています。超大作が読みたい。多少粗い部分があっても大胆で壮大な展開がある話が好き。「小説家になろう」以外の小説ではSFやミステリーを読むことが多いです。その他、雑多なことはここに書いています。

カテゴリ

最新コメント

[09/23 てぃるる]
[09/23 片桐葵]
[07/01 てぃるる]
[06/29 NONAME]
[06/29 NONAME]

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30