忍者ブログ

「小説家になろう」レビューブログ

「小説家になろう」作品のレビューをするブログ。おすすめ作品まとめ。五段階で評価しています。「小説家になろう」総合ランキングで四半期ランキングベスト5に入った作品を主に扱っています。それ以外は自分の趣味に合いそうなものを適当に。レビューした小説一覧は「カテゴリ」一番上にあります。リンクフリーです。

「シャバ難」完結!

以前レビューした「シャバの「普通」は難しい」が昨日とうとう完結しました!

第一部~第五部まで、どの話も一つ一つしっかり纏まっていました。
突飛な設定にもかかわらず自然な展開が続き、「勘違いもの」をベースに笑いを取りながら、最後は良い結末へとたどりつく。
そして何より、各部それぞれが一つの小説としてきちんと纏まっているのに、話が進むごとにキャラクターへの愛着が湧き、良い話を読んだなぁ、という思いが増してきました。

このブログでの「評価」も「オススメに上げたいと思います。
(そのため、「シャバの「普通」は難しい」記事のアドレスが変わっています。このブログ内のリンクは書き換えたつもりですが、書き換え忘れがあったらすみません。)


いや、「無欲の聖女」のときも同じように、完結時に評価を上げているんですよね。

中村颯希さんの作品って、出来が良いのは間違いないのですが、序盤の時点だと突出したものがないとも感じてしまうんですよね。「シャバの「普通」は難しい」の第一部も、「勘違いもの」として凄く良い出来でしたし、設定にこの作者らしいスパイスが入ってはいたのですが、第一部時点では、「勘違いもの」のパターンから抜きんでているという感じはしなかった。

そういう意味では、第二部以降もそう。一つ一つのプロットは、良く出来ているけれど、突出しているという感じはしません。ただし、各部を、同じキャラクターの「勘違いもの」でありながら、少しずつパターンを変え、マンネリにならぬよう構成している点は凄い。なかなか作れるものではないと思います。

そして、芯は変えぬまま、キャラクターをきちんと成長させていっているあたりが面白さに繋がっています。一部一部のプロットをしっかり立てながら、各部の繋がりなど、全体の構成もきちんと練られている。そのおかげで、長く読んでいくことで面白さが増す作品に仕上がっているんじゃないかと思います。

最後まで楽しく読みました。次回作も期待しています!


PR

コメント

管理人:てぃるる

「小説家になろう」にハマり、日々読み続けています。超大作が読みたい。多少粗い部分があっても大胆で壮大な展開がある話が好き。「小説家になろう」以外の小説ではSFやミステリーを読むことが多いです。その他、雑多なことはここに書いています。

カテゴリ

最新コメント

[10/24 しん]
[09/12 てぃるる]
[09/11 NONAME]
[07/08 てぃるる]
[07/07 NONAME]

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 3 5
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31