忍者ブログ

「小説家になろう」レビューブログ

「小説家になろう」作品のレビューをするブログ。おすすめ作品まとめ。五段階で評価しています。「小説家になろう」総合ランキングで四半期ランキングベスト5に入った作品を主に扱っています。それ以外は自分の趣味に合いそうなものを適当に。レビューした小説一覧は「カテゴリ」一番上にあります。

探求大都市のマリー

祝! 完結!
元々、なろうで連載されていたのが去年の十月にノクターンへ移籍されてきた作品。

http://mypage.syosetu.com/18883/

(18禁ページへのリンクは禁止されているので、なろうの作者ページにリンクを貼っています)

元々「なろう」で非常に人気があった作品。世界に一つだけダンジョンがあってそれが世界の趨勢を左右するという、いわば「単一のダンジョン」ものとでも呼ぶべき一大ジャンルが「なろう」にあるが、その中でも卓越した作品でした。
序盤からかなり緊張感があり、「なろう」の作品としては文章は堅め。だが、主人公の魅力と物語の面白さでかなり読ませるものになっている。

未来都市と思われる「東京」を舞台にし、SF的な背景があることを匂わせながら物語は進んでいく。戦闘や冒険が中心の第四章までは、やや情景描写で分かりにくいところがあったり、ちょっと暗かったりはするけど普通に(「なろう」的に)面白く読める。その後、SF的世界・謎の解決へと物語が進んでいくのだが、これを受け入れられるかどうかは人によると思う。

個人的にはやや違和感があった。こういうことをやりたかったんだなぁ、というのは分かったし、悪くはないのだけど、中盤までと同じように楽しめるかというと若干無理がある。(多分伏線は貼ってあって私が覚えてないんだろうけど)やや唐突に思える展開もあったし。

とはいえ、四章あたりまで読んだときには、この物語を収束させるのはほぼ無理だと思っていた。それをきちんと――と言えるかどうかは読み直してみないとなんとも言えないが――手腕は買いたい。
多少の傷はあれど、物語の勢いを保ったまま大きく広げた風呂敷をたたみ挙げた名作です。
PR

コメント

1. 無題

ダンジョン系の作品は数多くあるが、そのダンジョンをあくまで生活の為の『稼ぎ(仕事)』として扱い、主人公達であってもチート的な(ワープやアイテム複製といった裏技?)攻略は無理で、真正面から向かうしかないってのはけっこう珍しい気がする
他にも金を稼ぐ=生活の為という点に最後まで終始しているのと、何か行動を起こすたびにキャラが資金の問題に目を向け、お金について考えているのも新鮮だった

2. >>1

「なろう」作品ではチートが多いというのはそうだと思います。ですが、お金の問題は結構どの話でも出てくるし、大きく扱われてませんか?
「なろう」では「冒険者」(この作品でいうところの探究者)なる職業が存在する作品が数多くありますが、冒険者が主人公の作品の多くでは、主人公を貧乏に設定しお金の問題で引っ張るのが定石の一つかと思います。
もっとも、多くのRPGと同じで、中盤に主人公がお金持ちになり、それ以降お金の価値がほとんどなくなってしまう作品も多いですよね。そういう意味では、後半までお金の問題がつきまとうというのは結構珍しいでしょうか。

3. 無題

いや、扱われている作品はあるし貧乏設定もあるけど、それ自体がテーマでなければ初期(あるいは中期)で解決→以後、無かったことみたいな扱いされることが多いからさ
正直、だったら貧乏設定いらねーじゃん、て思うことがあるわけで。そういう点から考えれば、この作品におけるキャラのほとんどの根底に「生活=お金=仕事」ってのが残されているのが新鮮ってわけで……まあ、俺がそう思っているだけです

4. >>3

返事が遅れてすみません。
いやぁ、それはそうなのですが。
これはこの作者が貧乏設定を生かすだけの技量があったということだと思います。貧乏設定は長期的に生かすのが結構難しい(一旦お金を稼いだら終わりなので)。なので、後半まで生かそうとしてもうまくいかない、もしくはマンネリ気味の展開になってしまいそうなため、その設定を切り捨てる……という作者さんが多いんじゃないでしょうか。
導入のためだけに貧乏にする人もいると思いますが、それ以外の作者さんは生かそうとしても上手く生かせないじゃないかと思います。

プロフィール

HN:
てぃるる
性別:
非公開

カテゴリ

最新コメント

[11/20 NONAME]
[11/13 てぃるる]
[11/13 てぃるる]
[11/13 NONAME]
[11/13 NONAME]

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
3 4
5 8 11
14 15 16 18
19 20 21 22 24 25
26 27 28 29 30