忍者ブログ

「小説家になろう」レビューブログ

「小説家になろう」作品のレビューをするブログ。おすすめ作品まとめ。五段階で評価しています。「小説家になろう」総合ランキングで四半期ランキングベスト5に入った作品を主に扱っています。それ以外は自分の趣味に合いそうなものを適当に。レビューした小説一覧は「カテゴリ」一番上にあります。リンクフリーです。

地味な剣聖はそれでも最強です

(~30、「童顔の剣聖」まで)

現在四半期ランキング十位の作品。

https://ncode.syosetu.com/n9846ee/

異世界転移もの。
神様に最強を願ったら、転移先の世界で仙人を紹介され、仙人として最強になるというというストーリー。森の中で500年の修行後、近くで赤ん坊を拾ったため一旦修行を休止。王都へ出る途中で知り合った貴族のお嬢様の護衛として雇われる。その後、お嬢様が通う学校へついていき、同じ転生者と決闘したり、学園生活を送る。

今「なろう」で流行りの「おっさん」ものと似た設定と言えると思う。
「おっさん」もののおっさんは、(強い場合とそこまで強くない場合があるが)自分の力量を自覚し、不相応な目標は持たず、無駄に自慢などせず謙遜し、他人の生活を侵犯したりせず、穏やかに暮らしている……多少の差はあれ、大まかに言ってこのような特徴を持っている。これらの特徴は、この作品の主人公である「仙人」とも共通していると思う。むしろ、「おっさん」ものの発展形と言えそうだ。そんな主人公と、わがままお嬢様の組み合わせが面白い。

主人公の「地味」要素はストーリー上そこまで重要ではないが、わがままなお嬢様との好対照を際立たせるのに役立っているか。ただそのせいで、根本的に戦闘シーンが迫力あるものになり得ないという問題も生じてしまっている。

と、設定は面白いし、登場してくるキャラクターは立っている。あまり盛り上がっている部分はないが、落ち着いたストーリー進行には好感を持った。

だが、「童顔の剣聖」章後半、貴族たちの関係などに焦点が当たると、登場人物も増えてちょっと分かりにくくなってしまったと思う。
また、文章面で分かりにくいところがあると感じた。誰の発言か、もしくは誰の視点か分かりにくい部分が散見された。序盤は良くても、登場人物が多くなってくるとやや読みにくく、テンポが悪くなっている。

色々と見所はあるのだけど、全体としては今一歩という印象でした。
PR

コメント

管理人:てぃるる

「小説家になろう」にハマり、日々読み続けています。超大作が読みたい。多少粗い部分があっても大胆で壮大な展開がある話が好き。「小説家になろう」以外の小説ではSFやミステリーを読むことが多いです。その他、雑多なことはここに書いています。

カテゴリ

最新コメント

[01/17 読み人]
[01/11 てぃるる]
[01/09 NONAME]
[12/31 てぃるる]
[12/30 NONAME]

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31