忍者ブログ

「小説家になろう」レビューブログ

「小説家になろう」作品のレビューをするブログ。おすすめ作品まとめ。五段階で評価しています。「小説家になろう」総合ランキングで四半期ランキングベスト5に入った作品を主に扱っています。それ以外は自分の趣味に合いそうなものを適当に。レビューした小説一覧は「カテゴリ」一番上にあります。リンクフリーです。

そのおっさん、異世界で二周目プレイを満喫中

(~23、最新話)

現在月間ランキング一位、四半期ランキングも四位まで上がってきた作品。多数の同時連載を持ち、その多くが書籍化している月夜涙さんの新作。活動報告を見ると、この作品も書籍化が決まっているようです。

https://ncode.syosetu.com/n2415eg/

ゲームへの異世界転生もの。
主人公は熟練の冒険者。ただ、レベルアップ時のステータス上昇の運が悪く、それ以上の高みは望めなかった。だが、諦めて田舎へ帰ろうとした頃、この世界がかつてやり込んだゲーム世界だと思い出す。ゲームの知識を使ってレベルリセットし、本来ランダムであるステータス上昇値を最大値に振り直し、もう一度冒険者を始める。

月夜涙さんは多数の連載をかかえ、そのどれもがランキング入りしているので、このブログで扱うのも四作品目です。「なろう」で人気の設定、序盤の勢いある展開、読みやすい文章……といったあたりが特徴ですが、その反面、序盤の勢いある部分を抜けると大分トーンダウンしてしまうことが多いのが欠点だと思っています。

この作品は、その美点の一つである序盤の勢いがちょっと不足しているかなぁ、という印象。主人公がこの世界はゲームだと思い出し、冒険者としての再起を決意するというあたり、上手くは書けているのですが、大きな感情の動きやピンチのシーンはなく、ちょっと淡々としている気もしました。

その序盤を抜けると、所謂レベル上げシーンに移るのですが、それも単調か。月夜涙さん得意の狐耳の女の子が出てくるのは良いのですが、ゲーム自体の目新しさはなく、主人公に面白い戦略があるわけでもないので、これ、という面白みは薄い印象。普通の異世界転生チートものという感じですね。

また、「おっさん」という設定が生きているのかは疑問。
主人公は36歳、おっさんと言えばおっさんですが、まだまだ若いともいえる微妙な年齢です。考え方もそういう感じで、「おっさん」らしい諦観のようなものは見られず、ギラギラした部分もかなり目につきます。一応、主人公に突っかかってくる若い冒険者を助けたりする描写があり、そこが「おっさん」なのでしょうけど……。確かに、月夜涙さんの他作品の頭に血が上りやすい登場人物に比べれば穏やかですが、他の「なろう」の「おっさん」と呼ばれる登場人物に比べると穏やかな印象はありません。

ちょっとこの作者さんに「おっさん」設定は合っていないかなぁ、と思ってしまいました。


PR

コメント

管理人:てぃるる

「小説家になろう」にハマり、日々読み続けています。超大作が読みたい。多少粗い部分があっても大胆で壮大な展開がある話が好き。「小説家になろう」以外の小説ではSFやミステリーを読むことが多いです。その他、雑多なことはここに書いています。

カテゴリ

最新コメント

[09/23 てぃるる]
[09/23 片桐葵]
[07/01 てぃるる]
[06/29 NONAME]
[06/29 NONAME]

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30