忍者ブログ

「小説家になろう」レビューブログ

「小説家になろう」作品のレビューをするブログ。おすすめ作品まとめ。五段階で評価しています。「小説家になろう」総合ランキングで四半期ランキングベスト5に入った作品を主に扱っています。それ以外は自分の趣味に合いそうなものを適当に。レビューした小説一覧は「カテゴリ」一番上にあります。リンクフリーです。

黒鳶の聖者 〜追放された回復術士は、有り余る魔力で闇魔法を極める〜

(~51、最新話。継続して読む予定)

現在四半期ランキング二位の作品。作者のまさみティーさんは、小説だけでなく、音楽作りなどもしている方のようです。

https://ncode.syosetu.com/n9105fz/

いわゆる「勇者パーティから追放」ものの作品。まあ、序盤の展開はテンプレと言ってもいいと思う。
ただ、理不尽な追放というわけではなく、「自分の職業で何ができるか」や、「今後どんなスキルが必要になりそうか」を理解できていなかったため、主人公がパーティに不要と思って勘違いする、という割合筋の通った追放ものになっている。

また、追放ものではあるものの、復讐がメインの作品ではない。追放され一人になった主人公の仲間になり、主人公が飛び抜けた能力を持っていることを教える人物や、ダンジョンマスターである魔王に関する謎の方がメインになっていく。

文章や登場人物の口調は軽いのだが、設定は意外としっかりしており、登場人物が皆、考えて行動しているのが分かる。ただの悪役だったり猪突猛進なキャラクターは少なく、裏の意図があることが多い。二面性を描いているのが良い。

……ただ、ちょっとこういうバランスは古臭い感じもした。上手く説明できないけれど、こういうバランスでキャラクターを配置するのって、現代的ではない気がする。ストーリーの大枠は「なろう」での流行りのものなのに、なんか古臭いにおいがする……っていうのもこの小説の面白い点だと思う。

さて、二章で主人公と幼馴染が合流し、追放ものとしては一段落した感がある。三章になってちょっと話がだれている気もする。
今後面白くなるかは、この世界の謎の方がどうなるかにかかっていると思うけど、そこが期待できるか、というとよく分かりません。ちょっと不透明な気がします。
PR

コメント

管理人:てぃるる

「小説家になろう」にハマり、日々読み続けています。超大作が読みたい。多少粗い部分があっても大胆で壮大な展開がある話が好き。「小説家になろう」以外の小説ではSFやミステリーを読むことが多いです。その他、雑多なことはここに書いています。

カテゴリ

最新コメント

[03/14 てぃるる]
[03/14 ナナシ]
[03/07 てぃるる]
[03/07 NONAME]
[02/14 てぃるる]

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30