忍者ブログ

「小説家になろう」レビューブログ

「小説家になろう」作品のレビューをするブログ。おすすめ作品まとめ。五段階で評価しています。「小説家になろう」総合ランキングで四半期ランキングベスト5に入った作品を主に扱っています。それ以外は自分の趣味に合いそうなものを適当に。レビューした小説一覧は「カテゴリ」一番上にあります。リンクフリーです。

異世界国家アルキマイラ ―最弱の王と無双の軍勢―

(~31、第一章まで)

現在四半期ランキング五位の作品。

https://ncode.syosetu.com/n0031ei/

異世界転移もの王道系の作品。
主人公が、人間の王が魔物の国家を運営するというコンセプトのVRシミュレーションゲームをしていたら、首都ごと異世界へ転移させられ、部下の魔物たちに人格が宿ったという話。

VRの設定、ゲームの設定、異世界転移の経緯などにしっかり文字数を費やしているせいで、懐かしい印象がする作品。主人公がなかなか異世界転移に馴染めず、困惑したり恐怖したりするのも、ちょっと古くさくも懐かしい感じがする。

とはいえ、設定は一捻りしてある。
ゲームで育てた仲間と共に転移するという「オーバーロード」系統の転移だが、元のゲームがシミュレーションで、主人公に特殊な能力がない(ただし、ステータス系統の力は使える)という点。また、経営していた国家の、首都のみが転移させられたという点。この二点が特徴。

元のゲームには反乱などの要素もあるため、主人公が安泰とはいえない。主人公はゲームをやり込んでいたが、国家の首都部分のみが転移したため、国民は不安を感じ、幸福度は下がっていく。それをどうにかしながら移転先の周囲の状況を調査し、今後の方針を定めていかなくてはならないため、主人公が不安を感じるのも無理がなく、緊張感を出すことに成功している。

ただ、第一章を読む限りでは、主人公の国民たちを万能にし過ぎている印象はある。第一章に登場する争いは基本的には一方的。他のプレイヤーが出てくれば変わるかもしれないが、現状ではそういう展開に向かわなそうか。

そんな戦闘シーンの代わりというわけでもないだろうが、ゲームでは気軽に行えた演説を、主人公が実際に行うというのが第一章の山場になっている。この、ちょっと恥ずかしく思える演説が好きな人なら、かなり楽めるんじゃないかと思う。

ただし、本来ならこうした演説(特に、メインの演説ではなく謁見での演説)はもう少しキャラクターを掘り下げてから行うべきで、この段階でやる内容ではなかったと思う。私は少し冷めてしまった。

文章や設定はしっかりしているので、さらにこの設定を生かした物語作りができれば盛り上がりそう。期待できる作品だと思います。

(追記:「エステルドバロニア」を下敷きにしたのではないか、というコメントをいただいたので、そちらも読んでレビューしました)
PR

コメント

1. 無題

 これずっとランキングにいるけど設定がオバロってよりオバロの影響を受けたエステロイトバロニアそのまますぎると思う

管理人:てぃるる

「小説家になろう」にハマり、日々読み続けています。超大作が読みたい。多少粗い部分があっても大胆で壮大な展開がある話が好き。「小説家になろう」以外の小説ではSFやミステリーを読むことが多いです。その他、雑多なことはここに書いています。

カテゴリ

最新コメント

[11/27 NAO]
[11/21 てぃるる]
[11/20 NAO]
[09/23 てぃるる]
[09/23 片桐葵]

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31