忍者ブログ

「小説家になろう」レビューブログ

「小説家になろう」作品のレビューをするブログ。おすすめ作品まとめ。五段階で評価しています。「小説家になろう」総合ランキングで四半期ランキングベスト5に入った作品を主に扱っています。それ以外は自分の趣味に合いそうなものを適当に。レビューした小説一覧は「カテゴリ」一番上にあります。リンクフリーです。

死なない彼は死にやすい

(~80、最新話)

ライトSF(ジャンルとしてはファンタジーに区分されると思いますが、SF風のファンタジーです)、ヒューマンドラマ。エブリスタでは最後まで読めるようです。

https://ncode.syosetu.com/n5234fk/

不死の人間の「死にたい」という欲望をテーマに据えたヒューマンドラマ作品。
このテーマは、たとえば清水玲子の漫画ジャック&エレナシリーズ(「ミルキーウェイ」など)で扱われているテーマで、すごく珍しいものではないですが、「なろう」では珍しいかな、と思います。

このテーマを正面から扱った、なかなか勇気ある作品。
主人公と不死の人間とが交流し、徐々にお互いのことを理解していく過程と、そのような主人公の一生をよく描いている。

……のだが、その「過程」の描き方は疑問。主人公の一生を描くというコンセプトのため、五年とか時間が飛ぶんですよね。
五年間を一つ、二つのエピソードで代表させることができるくらい、人間の一生なんて単純なものだ……と言われればまあそうかもしれないけれど、この描き方はさすがにちょっと無理がある、という気も。やはり、五年もあれば、二人の関係性を含めもっと色々と変わっているんじゃないか、と。
このあたり、もう少し丁寧に書いて欲しかったとは思うものの、そうすると主人公の一生を短くまとめることは無理になるだろうから、難しいところですね。

時間経過の描き方は問題だと思うものの、描かれる一つ一つのエピソードはよく考えて描かれており、なかなかしんみりします。ヒューマンドラマとしてまあまあ良い出来だと思う。

題名も目を引くし、ここまでポイントが伸びない作品ではないと思うんだけど、何か理由があるんでしょうか。(エブリスタとの重複投稿のせい?)
PR

コメント

管理人:てぃるる

「小説家になろう」にハマり、日々読み続けています。超大作が読みたい。多少粗い部分があっても大胆で壮大な展開がある話が好き。「小説家になろう」以外の小説ではSFやミステリーを読むことが多いです。その他、雑多なことはここに書いています。

カテゴリ

最新コメント

[10/24 しん]
[09/12 てぃるる]
[09/11 NONAME]
[07/08 てぃるる]
[07/07 NONAME]

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 3 5
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31